海洋での散骨について - 散骨をする方法とは?

海洋での散骨について

subpage1

散骨にはさまざまな方法がありますが、比較的多いものとして、陸上ではなく、海洋で行うというものがあります。



海洋葬などということばであらわされることもあります。


通常、船舶を用意して沖合まで出て、そこで亡くなった人の親族が、破砕されて粉末状になった遺骨を海に撒いてしのぶというありかたになります。

船舶を特定の親族だけで貸し切りにする場合と、他の亡くなった人の親族とともに予定された日に集合して、合同で散骨を行う場合とがあります。


また、散骨を請け負っている葬儀社などに、すべてを委託して、業者の手で散骨をしてもらうという方法もあります。



業者に委託をする場合であっても、業者からは当日の写真などが送付されてくる場合がほとんどですし、遺骨はいくらか親族の手元に残しておくということもあります。



基本的に、船舶をすべて貸し切りにする場合がもっとも価格的には高く、業者に委託する場合は安くなるという傾向があります。

そこで、価格的な面を中心として検討するのか、それとも、価格的な面はさしおいて、亡くなった人をしのぶという意味で、できるだけ親族だけのプライベートなスペースを確保して行いたいと考えるのかといった、考え方の違いによって、適当な方法を選択することになります。
こうした散骨を個人として行う場合、近隣の苦情などの問題となる可能性が想定されます。そのため、やはり、洋上でしかるべき場所が確保できる業者を通じて行うのが賢明といえます。