埋葬方法の一つとしての散骨の注意点 - 散骨をする方法とは?

埋葬方法の一つとしての散骨の注意点

subpage1

世の中の動きが変化していることや核家族化などの影響もあって、葬儀の形式が大きく変わろうとしています。

特に昔から代々伝わってきたお墓や葬儀を巡っての動きは、10年前には想像がつかなかったというくらいとなっています。


葬儀に関しては、どちらかと言えばできるだけ華やかに盛大にという貴重でしたが、今やシンプルに、費用も必要な範囲でという方向となっています。


そこで大きく取り上げられてきたのが散骨という、新しい埋葬方法ということが言えます。

墓石の下に骨壺とともに納骨し、四季それぞれにお参りするという習慣が、現実の生活とかみ合わなくなっているということ、加えて、散骨によって自然に中に帰れるというイメージや、ロマンティックな感じもあってのこととなっています。
しかしながら、日本の法律では人の埋葬に関しては、許可制になっているので、たとえ自分の身内であっても勝手に散骨するというわけには行きません。



きちんと許可をいただく必要があります。

そして、具体的には、どこでもいいというわけには行かないのが現実です。



樹木葬などという形もありますが、それとて許可された場所でなければ違反ということになります。
また許可された場所であったとしても、散骨される側の立場に立てば、風評被害とか、受け入れがたい感情などということもあって、トラブルになりかねません。
あらかじめ区役所なりに相談し、専門の葬儀会社へ委託するのが良いということになります。