散骨で撒く場所と法律について

subpage1

散骨は、葬送の方法の一つです。



海や山に遺骨を撒く自然葬の一つとなります。


散骨を行う際には、特に許可や届出といったものは必要ない場合の方が多いですが、撒くときにはマナーがあります。



まずは、遺骨は規定の大きさまで細かく砕く必要があります。


自分で行う方法もありますが、専門の業者もあります。
撒く場所については、だれにも迷惑が掛からないところで行う必要あありす。
公共の場所は避けて、海に撒く場合は、沖の方で撒き、山に撒く場合でも人が使わない場所で撒く必要があります。

私有地に撒く場合は事前に許可を取らなければいけないため注意が必要となります。

副葬品など自然に帰らないものについては、散骨の目的は自然に還すというものなので、環境を壊すわけには行かないため、撒いてはいけません。
散骨をしたいという場合、自分でやることもできますが、撒く場所について迷ってしまう場合などもありますが、そういった場合には、散骨を代行してくれる業者もあります。



大半の場合は、海洋葬が行われ、一組から行うことできますが、その他に数組で合同で行うと言った方法もあります。
現在のところ、法律に対してはまだ整備されていないため、法的な許可は必要ありません。
ただし、骨をしっかりと規定の大きさまで砕かなければ遺棄罪になってしまう可能性があるため、そこだけ注意する必要があります葬送のための祭祀として、節度を持って行われる限り違法ではないとされているため、節度を持って周りに迷惑をかけないように行うことが大切です。