散骨をする方法とは?

散骨をする方法とは?

subpage1

現代「終活」が盛んになっています。
ご自分の身の終い方をエンディングノートなどに残される方も増えています。

そんな中でお墓に入るのではない別の選択肢が出てきています。

その一つが散骨です。



散骨とは文字通り、お骨を山や海などに撒くことです。


散骨には死後は自然に還りたいという意図があります。またお墓の管理を省いたり経費削減の意図もあるでしょう。散骨する場所はどこでも良いというわけではありません。

自治体によっては禁止されている区域があるからです。

また他人の私有地などに断りなく撒くことは法律に抵触します。遺骨はそのままの形で撒くことは出来ません。
海は世界に繋がっている場所です。

国際的なルール違反となる恐れがあり、一般的には2mm以下にします。



業者に依頼するとパウダー状にしてもらえます。
自治体によっては海の一部を禁止区域にしているところがありますので、事前に相談するなどするとよいでしょう。

現在の法律では、節度を守って許可された地域に撒くことは黙認されています。
海に撒きたい場合は、業者に依頼すると、粉骨からすべてを取り仕切って貰え、船をチャーターするなどして適切な場所に連れて行ってもらえます。



ご自分で出向かず業者にすべて依頼することも可能です。山に撒きたい場合は、業者が扱っているところはほとんどない状態なので、ご家族が自分で登山して行うか、ボランティアの登山者に依頼するなどの流れになるでしょう。
必ず事前に山の持ち主に確認と許可を取ってから行うようにしてください。

儀式関係の情報

subpage2

散骨にはさまざまな方法がありますが、比較的多いものとして、陸上ではなく、海洋で行うというものがあります。海洋葬などということばであらわされることもあります。...

more

驚く情報!

subpage3

世の中の動きが変化していることや核家族化などの影響もあって、葬儀の形式が大きく変わろうとしています。特に昔から代々伝わってきたお墓や葬儀を巡っての動きは、10年前には想像がつかなかったというくらいとなっています。...

more

詳しく知りたいなら

subpage4

散骨は、葬送の方法の一つです。海や山に遺骨を撒く自然葬の一つとなります。...

more

皆が知りたい情報

subpage5

散骨する際に必要なものについては、現在は、散骨にかんする許可や提出書類といったものはありません。法律上ではグレーなものなため、取り扱う期間がなく、そのため、役所などへの申請書類なども存在していない状態です。...

more